MENU

【個人旅行】ロシア ウラジオストク旅行 2泊3日 ブログ旅行記まとめ(日程・移動方法・観光・ホテル・グルメ・治安など)

日本から1番近いヨーロッパのロシア ウラジオストク。

羽田から飛行機で2時間半で行くことができオーロラ空港加え、JAL、ANAも運航しています。

ウラジオストクにはカラフルな建物が並び、かわいいカフェもいっぱいあり、グルメもおいしく、長い休みが取れないけどヨーロッパの雰囲気を感じたい方にお勧めです。

また、数年前からビザも電子ビザでサイトから申請できるようになり、行くハードルが低くなりました。

目次

ウラジオストクへの飛行機・市内への交通

ウラジオストクまではオーロラ航空を利用しました。

ウラジオストク空港から市街へと行くルートは空港鉄道、バス、タクシーと3種類あります。





空港鉄道バスタクシー
所要時間1時間1時間~1時間20分45分
値段230ルーブル200ルーブル1500ルーブル
1日の本数往復5本往復10本いつでも
注意点 1日に5本しかないので
夜に到着した場合は
利用できません。
渋滞によっては
時間かかることがあります。
ぼったくられる可能性があるのでアプリを使うのがおすすめです。
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

行きは夜到着便だったので空港鉄道がもうなく、バスを利用し、帰りは空港鉄道を利用しました。

ウラジオストク空港のラウンジ

ウラジオストク国際空港では日本に行くエリアでプライオリティパスが使えるラウンジが1つありました。

ウラジオストクの治安

ウラジオストクはロシア国内でも比較的治安は良いといわれています。

噴水通り周辺のレストランやカフェは夜遅くまで空いており、人も多く、賑わっていて夜歩きも問題ありませんでした。

ウラジオストク観光

ウラジオストクはヨーロッパの雰囲気で建物がカラフルでかわいく、どこをとっても絵になります。

ロシアの教会は特徴的な形をしているので教会巡りもお勧めです。

ウラジオストクの中心部はコンパクトなので鷲の巣展望台に行くモノレール以外は歩いていけました。

噴水通り

ウラジオストクの教会

カラフルな建物

海辺通り

鷲の巣展望台

グム百貨店裏通り

Molly Home

お土産屋さん

ウラジオストクのグルメ

ウラジオストクではロシア料理をはじめ、ジョージア料理や韓国料理まで各国の料理が食べれました。

スプラのジョージア料理

ロシア料理レストラン『ロシュキプロシュキ』

ションケルの黒いハンバーガー

ウラジオストクのカフェ

ウラジオストクは店内もスイーツもかわいいカフェが多く、カフェ巡りもお勧めです。

ほとんどのお店に英語メニューがあり、日本語メニューがあるカフェもありました。

ウフ・トゥイ・プリン

エクレアのお店『フスピシュカ』

Cafe Seasons

Duet

Moloko & Med

ウラジオストクのホテル

ウラジオストクで泊ったのはウラジオストクの中心部 噴水通りにあるGallery and More Guest House。

立地も良く、1泊3000円台と安いのに部屋も広くてかわいいし、床暖も付いててあったかくて快適なホテルステイでした。

使ったガイドブック

ガイドブックは地球の歩き方 Plat ウラジオストクを使いました。

細かいところまで書いてあって見やすかったです。

使ったカメラ

使ったカメラはFujifilmのX-T3、

使ったレンズは広角のXF10-24㎜です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる