MENU

海外旅行に絶対持っていきたい!空港ラウンジが使えるプライオリティパス(Priority Pass)

海外旅行に行った時、空港に早く着きすぎたり、乗り換え時間が長かったりすると空港で椅子が空いてなかったり、固い椅子にずっと座ってなければいけなかったり、コンセントがいっぱいで充電できなかったり、Wifiが不安定だったりとその時間がつらいことが多くありました。

ビジネスクラスとかファーストクラスだったらラウンジが使えるけどそんなお金もなく。

そこで見つけたのがプライオリティパスです。

目次

プライオリティパスって何?

プライオリティパスは世界148か国600都市に及ぶ1300か所以上のラウンジが使えるカードです。

プライオリティパスではビジネスラウンジ相当のラウンジが使え、空港によって違いますがラウンジには食べ物、トイレ、シャワーがあり、もちろんWifiもサクサクです。

コンセントもたくさんあり、静かなのでゆったりと過ごせます。

プライオリティパスを持ってから食べ物も無料だし、長いフライト前にシャワーは入れるし、空いてるトイレに入れるし、無料でWifi使えるし、長いフライト前の時間も楽しく過ごせるようになりました。

プライオリティパスに入会するにはどうすればいいの?

プライオリティパスの会員プランは3つあります。

  • スタンダード    $99/年
    ラウンジ利用料金:$32
    同伴者の利用料金:$32
  • スタンダードプラス $299/年
    無料利用回数   10回
    その後の利用料金:$32
    同伴者の利用料金:$32
  • プレステージ    $429/年
    ラウンジ利用料金:無料
    同伴者の利用料金:$32

スタンダードだと空港ラウンジを利用するごとにお金かかるし、何回でも無料でラウンジに入れるプレステージだと年間45000円ぐらいかかってしまいます。

これだと少し高いのでこれよりも安くプライオリティパス手に入れる方法がプライオリティパスがついているクレジットカードを持つこと。

プラチナ以上のクレジットカードについていることが多く、私のお勧めは楽天プレミアムカード

理由は単純に年会費が11000円と他のプライオリティパス付カードに比べて安いからです。

私は最初エポスカードプラチナでプライオリティパスを発行していたのですが、年会費20000円かかるし楽天プレミアムだと楽天ポイントもたまるから今は楽天プレミアムカードでプライオリティパスを発行しています。

>>>楽天プレミアムカードをみてみる

プライオリティパスが付いているクレジットカード

プライオリティパスが付いているクレジットカードは楽天カード以外にもあるので紹介します。

  • 楽天プレミアムカード
    年会費:11000円
    >>>詳細を見る
  • アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費:13200円
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費:22000円
  • JCBプラチナ
    年会費:27500円
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
    年会費:31900円
  • 三井住友カードプラチナ
    年会費:55000円
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
    年会費:143000円

ちなみにダイナーズカードもそれ自体でプライオリティパスと同じラウンジに入ることができます。

プライオリティパスではどこのラウンジに入れるの?

プライオリティパスで世界148か国600都市に及ぶ1300か所以上のラウンジに入れるのですがすべてのビジネスラウンジに入れるわけではありません。

空港ごとに入れるラウンジが決まってて入れるラウンジのリストは公式サイトやプライオリティパスのアプリで見れます。

プライオリティパスの注意点

ラウンジに入れないことがある

プライオリティパスで入れるラウンジはビジネスラウンジなので混んでるときはビジネスクラスに乗る人優先になって入れないこともあります。

プライオリティパスで入れるヨーロッパのラウンジ ニューヨークのJFK空港のラウンジでは混んでてプライオリティパスは制限されて入れませんでした。

ターミナルに注意!

同じ空港でもリストの全てのラウンジに行けるわけではありません。

狭い空港だとターミナル間を移動できますが、広い空港だとターミナルごとに違う建物なことが多く、場合によってはそのターミナルにラウンジがないということもあるので注意が必要です。

また、時々税関前にラウンジがあることもあり、公式サイトやアプリでどこにラウンジがあるか調べてから行ったほうが良さそうです。

プライオリティパスで入れるラウンジを調べるには?

①まずは空港名で検索します。

②その後、自分が搭乗または乗り換えのターミナルを選びます。

③ラウンジを選びます。

④営業時間、設備、所在地、利用条件がのっており、フライト日程で入れるか、シャワーの有無、その他設備などを見ていきたいラウンジをきめます。

プライオリティパスで入れる空港ラウンジ

それでは今までに行ったプライオリティパスで入れる空港ラウンジを紹介します。

成田空港のラウンジ

成田空港でプライオリティパスで入れるラウンジはターミナル1に3つ、ターミナル2に2つありますがターミナル1の2つ、ターミナル2の2つのラウンジはカードラウンジ(特定のゴールドなどのクレジットカードで入れるラウンジ)なので食べ物はなく、実質入れるビジネスラウンジはターミナル1のKALラウンジの1つのみです。

KALラウンジ

アジアのラウンジ

韓国ソウル金浦空港のラウンジ

シンガポールチャンギ空港のラウンジ

シンガポールチャンギ空港ではプライオリティパスで入れるところが3つもあり、そのうちの1つはレストランでした。

レストランでプライオリティパスを提示すると定食1つ無料で食べれて得した気分です。

ベトナムのハノイノイバイ空港のラウンジ

イスタンブール空港のラウンジ

ドバイ国際空港のラウンジ

ヨーロッパのラウンジ

ロンドン ヒースロー空港のラウンジ

ポルトガルのリスボン空港のラウンジ

ロシア ウラジオストク国際空港のラウンジ

カナダのラウンジ

バンクーバー国際空港のラウンジ

アフリカのラウンジ

モロッコのカサブランカ空港のラウンジ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (12件)

コメントする

目次
閉じる