MENU

【千葉ホテル】ヨーロッパみたい!オーベルジュ白浜クラブ ブログ宿泊記(部屋・アメニティ・夕食・朝食など)

千葉の南房総の白浜にあるオーベルジュ白浜クラブに泊まってきました。

ピンクがかわいい建物ですぐに見つかりました。

建物の横にはBBQハウス、

植物が生い茂る庭がありました。

館内はかわいくポップで

本棚やピアノが置かれていました。

目次

オーベルジュ白浜クラブの部屋

オーベルジュ白浜クラブで泊まったのは3階の「レディアン」という部屋。

広々とした部屋で

1つ目の部屋にはベッドが3つ。

テーブルとデスクもありました。

部屋のあちこちには絵画が飾られていて

ベッドスローやクッションカバーがかわいかったです。

ベッド横にはクローゼット。

冷蔵庫には水が入ってて上には電気ケトルがありました。

ベッド横にはソファーがあり、オットマンもあります。

ミシン代の上にテレビがあり、石油ストーブもありました。

部屋が広いせいか結構寒くってストーブに助けられました。

もう1つの部屋にはベッドが1つ。

ここにもソファーが2つあり、

ベッドには天蓋も付いてます。

パジャマは浴衣タイプでした。

白浜クラブの洗面所・アメニティ

洗面所の壁紙はかわいい花柄で

洗面台もレトロでかわいいです。

アメニティは歯ブラシのみで洗面台に綿棒が置かれていました。

ドライヤーは風力も良かったです。

奥にはといれがありました。

白浜クラブのねこ足のバスタブ

お風呂はねこ足のバスタブ。

入浴剤持ってきて泡ぶろにしました。

エッセンシャルのシャンプー、コンディショナー、ダブのボディソープ、洗顔料が置かれていました。

白浜クラブの部屋からの眺め

部屋は窓で囲まれていて外が見えます。

南側の窓からは海が見えます。

夕焼けもきれいでした。

朝は朝日で目が覚めました。

雲がかってて朝日が見え隠れします。

時折見える日がきれいです。

白浜クラブの夕食

夕食は1階のレストランへ。

レストランは宿泊者じゃなくても食べることができます。

きのこのアヒージョは味がしっかりしみ込んでいます。

アトランティックサーモンと真鯛のマリネはトリュフオイルがかかっててトリュフの香りが強かったです。

白浜産玉ねぎのスープは甘みが強くておいしかったです。

パンは抹茶のパンとミルクのパンの2種類でほっくほくで抹茶のパンは抹茶の良い香りが漂ってました。

メインは仔羊のロティ。

臭みがなく、やわらかかったです。

デザートは生チョコタルトとバスクチーズケーキとバニラアイス。

食後のドリンクは紅茶とコーヒーが選べました。

白浜クラブの朝食

朝食は盛りだくさん!

まずはフレッシュな野菜に春雨、サラミ、パスタ、ツナのオープンサンド、生卵。

スープはコンソメスープでした。

メインはドリア。

たっぷりのチーズの中にはビーフシチューとごはんが入ってました。

最後は紅茶で朝ごはんは終了です。

白浜クラブの露天風呂

屋上には露天風呂があり、追加の800円で入ることができます。

白浜クラブの駐車場

駐車場はホテルの前にあり、無料でした。

白浜クラブのまとめ

白浜クラブはヨーロッパっぽいホテルでどこもかわいかったです。

食事もおいしく、オーナーさんも親切で良いホテルステイでした。

しかし、暖房があまり効かず部屋が寒すぎて石油ストーブの前から離れられなかったので冬に泊まるときは注意が必要です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる