MENU

【広島観光】大久野島の島めぐり うさぎスポット・展望台・休暇村を紹介

広島の大久野島は野生のウサギがいっぱいいるうさぎ島として有名な島です。

大久野島へは広島の忠海港から船で15分で行けます。

大久野島のウサギは1970年代に小学校で飼育されていたウサギが野生化して増殖したといわれています。

ウサギは1か所に固まってるのではなく、島中にいて子ウサギもいました。

野生のウサギが住む島で思い浮かぶのがクロアチアのドブロブニクにあるロクルム島ですが、ロクルム島のウサギは巨大で大久野島のウサギは小さめでよりかわいかったです。

また、大久野島は旧日本陸軍の毒ガス兵器工場でもあり、今でも跡が残っています。

大久野島を巡ってきたので紹介します。

目次

休暇村前

休暇村は島唯一の宿泊施設でレストランやカフェもあります。

船が到着する第二桟橋からは無料シャトルバスがでてて、この区間にはあまりウサギもいないのでバスに乗るのがお勧めです。

休暇村の前には海が広がっています。

ホテルの前には大きな芝生広場があり、うさぎがいっぱい!

日差しを避けているせいか、植物の下に隠れているウサギが多かったです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる