MENU

埼玉でムーミンの世界へ!「ムーミンバレーパーク」【アクセスやチケットの種類・アトラクションなど】

オープンしてからずっと行きたかったムーミンバレーパーク。

開園から1年経ちようやく行ってきました。

メッツァビレッジから奥に歩いていくとストーリーの扉があります。


ストーリーの扉は本になってておしゃれでした。

目次

ムーミンバレーパークのチケット


ムーミンバレーパークにはチケットが2種類あって行くまでシステムがよく分からず、どっちを買うか悩みました。

  • ワンデーパス(おとな 4200円、こども2300円)
  • 入園チケット(おとな2500円、こども1500円)

入園チケットだと何もできない?と思いきや

  • ムーミン屋敷地下1階・1階
  • エンマの劇場のショー(ムーミンのミュージカルショー)
  • コケムス(ムーミンの展示)

を見ることができ、もちろん外にあるムーミンの展示を見ることができます。

1dayパスでは入園チケットで入れる場所に加えて

  • 飛行おにのジップラインアドベンチャー
  • 写真スタジオ
  • リトルミイのプレイスポット
  • 海のオーケストラ号
  • ムーミン屋敷(2階・3階鑑賞)

に入ることができます。

今回の目的は写真を撮ることだったのでアトラクションは乗らなくていいかなと思ったけど悩んだのはムーミン屋敷の2階・3階に入ること。

でもこれだけのために+1700円はなぁ(*_*;と思い「入園チケット」を購入しました。

公式サイトでチケットを買うと200円引きになるからおすすめです。

ムーミン谷

ムーミン谷にはムーミン屋敷や北欧風の建物が並んでいます。

パステルの建物がかわいいです。

やってなかったけど屋台もサーカス風でかわいかったです。

ムーミン屋敷


ムーミン屋敷は青い円柱型の建物で3階建て。


家の前にはハンモックが置かれていました。


入園チケットでは地下1階と1階に入れるのでまずは地下室へ。


地下室は貯蔵庫になっていました。


小さい洗濯物がかわいい♡


樽の中に何かいます。


階段を上がり1階へ。


1階はキッチンとダイニングでした。


調味料とカラトリーが置かれてる棚かわいくってこんな棚ほしいです。


置いている雑貨がどれも北欧風でかわいいからついつい見入ってしまいます。


写真の飾り方がおしゃれすぎ!


ちなみに1dayチケットで入れる2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋とゲスト部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎があります。

ムーミンバレーパークのお店

ムーミンバレーパークにはグッズ売ってるお店がいくつかあってそのお店がかわいい!


落書きが描かれてたり


鳥の家があったり


看板がかわいかったり見てるだけでも楽しいです。

ストーリーの扉


入園するときにストーリーガイドのファイルをもらい、ムーミンバレーパークの各所にあるストーリーの扉でパンフレットがもらえます。

そのパンフレットにはムーミンの物語が書かれてて裏には絵がかいてあり、それをつなげると地図になります。

しかし、1dayチケットでしか入れない施設の地図もあって全部は集められなかったです。

おさびし山エリア

 

ムーミンバレーパークの奥にあるおさびし山エリアは本当に山でリアルハイキングです。


おさしび山エリアにも見所がいっぱい!

ジップラインもこの山の中にありました。

灯台

灯台にはかつてムーミン一家が住んでいたそう。


中にはムーミンママが描いた絵も。

ヘムレンさんの遊園地


ヘムレンさんの遊園地はおさびし山の頂上にあるアスレチック。


ツリーハウスがいくつか並んでおり、


メリーゴーランドがかわいかったです。


ここのワゴンは森の雰囲気。

天文台

アスレチックの隣には天文台がありました。


ムーミンやスニフ、スナフキンたちが冒険しながら目指した天文台でムーミン達もいました。

スナフキンのテント

おさびし山の一番奥にはスナフキンのテント。


中にはスナフキンが楽器を吹いていました。


白鳥のボートがあって森を歩いていたら片付け忘れちゃったのかな?と思ったら


これもムーミンに出てくるボートみたい。


ムーミン達がお風呂に荷物入れて引くシーンも再現されていました。


どこ行ってもムーミンの世界で楽しかったです。

公式サイト
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる