MENU

【東京ホテル】浅草のアートホテル『KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS』のおひとりさまプラン ブログ宿泊記(部屋・アメニティ・夕食・朝食・アートなど)

東京浅草のKAIKA 東京 by THE SHARE HOTELSに泊まってきました。

KAIKAは外観がホテルっぽくなく、最初気付かず通り過ぎちゃいました。

英語で書かれたおしゃれな扉を開け、中へと入ります。

目次

KAIKA東京のロビー

中に入るとパイプが見えたり、倉庫みたい。

フロントはオープンで所々にコンテナのようなものが置かれています。

フロントの方は接客が丁寧で親切でした。

宿泊フロアにもアートが飾られてます。

宿泊フロアはロビーとは違い倉庫感はなく、真っ白です。

KAIKA 東京の部屋

KAIKA 東京で泊まったのはスタンダードタブルルーム。

18平米の部屋でダブルベッドが1台置かれています。

入口の横には壁掛けテレビがあります。

デスクはありませんが、ソファと小さなテーブルがあり、パソコン作業ができました。

棚には冷蔵庫と電気ケトル。

紅茶と煎茶のティーパックがおかれていました。

クローゼットはオープンで荷物置きもあります。

パジャマはワンピースタイプ。

部屋の窓からは浅草のビルが見えます。

KAIKA 東京の洗面所・アメニティ・浴室

洗面所はコンパクトで隣にトイレがあります。

アメニティは歯ブラシ、ブラシ、カミソリ、綿棒です。

洗面台の上にはフェイス&ハンドソープがあり、ドライヤーはコイズミです。

コンパクトな部屋だとシャワーのみが多いですが、浴室には浴槽もありうれしいです。

KAIKA 東京の夕食

夕食は1階のレストランへ。

レストランはロビー同様天井がむき出しで

木のテーブルが並んでいました。

レストランにもアート作品が飾られていました。

ドリンクはお茶ベースのソフトドリンクや

日本茶カクテルなど変わったアルコールが飲めます。

頼んだのは紅ほうじ茶アマレット。

甘めのお酒アマレットに熱いほうじ茶を加えて飲むカクテルです。

夕食は盛りだくさん。

1つ目のプレートにはサーモンといくら、手毬寿司、貝とウニ、オムレツ。

2つ目のプレートはローストビーフ、パテ、海老グラタン。

いろんな種類の食事が食べれて量もちょうど良かったです。

デザートはパンケーキでした。

KAIKA 東京の朝食

朝食は1階のレストランへ。

レストランには窓が付いたボックス席があり、隠れ家みたいな人気の席です。

朝食は和食と洋食が選べ、和食にしました。

洋食だとサイドがコーンスープとパンです。

メインプレートは洋食・和食共通で野菜にソーセージ、イチゴがのってます。

手毬寿司は4種類で食べやすいしおいしかったです。

そうめんも付いてます。

ドリンクも選べて紅茶にしました。

KAIKA 東京のアート

KAIKA 東京ではアート作品を見ることができます。

段ボールで作られた仏像です。

入口では藤元明の展示スペースがありました。

展示室には壺や

絵が飾られています。

地下1階にもアート作品が並んでいました。

ラウンジもあり、宿泊者は自由に使用できます。

小さなキッチンもあり、電子レンジ、オーブントースター電気ケトルもありました。

ラウンジには楽器のアートがありました。

奥には展示スペースがあり、床は駐車場みたい。

NANZUKAの作品は木や石が積まれていました。

CLEAR GALLERY TOKYOのアートはポップ。

ビニール袋の中にはカラフルな作品が並んでました。

Yoshimi Artsの作品は昔の少女漫画みたい。

VOILLDの作品です。

奥には作品が飾られているスタジオの名前が書かれたコンテナが置かれていました。

階段にも絵が飾られていました。

おひとりさまプラン

今回はインスタグラマーおひとりさま。のおひとりさまプランを利用しました。

おひとりさまプランにはハンドジェルとNEHAN TOKYOバスソルトが付いています。

バスソルトってそこまで香りが強くないものが多いですが、NEHAN TOKYOのバスソルトはかなり香りが強く甘い香りで買ってみたいです。

おひとりマップも付いていて周辺のおすすめカフェが書かれてました。

KAIKA 東京のまとめ

KAIKA東京は泊まる前は狭いのかなと思ってたけど思ったより広く、浴槽まであってうれしかったです。

いろんなアート作品が見れて泊まる以外でも楽しかったです。

浅草には歩いて5分ぐらいでちょっと歩くとスカイツリーも見えました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる