MENU

【豊洲】水に入るミュージアム!?teamLab Planets TOKYO(チームラボプラネッツ東京)

豊洲のチームラボプラネットがリニューアルし、20%オフでチケットが買えたので行ってきました。

光の空間が見れるのかな?と思い、前日に調べたら水の中に入るみたい。

ということで水に服がぬれないようワンピースで行きました。

チケット見せたら靴含め、すべての荷物をロッカーに預けて出発!

バッグは持って入れなくってスマホとカメラのみ持ち込めます。

裸足で道を進み、水の通路を通って滝を見たら次の部屋へ。

目次

The Infinite Crystal Universe(鏡と光のアート)

1つ目の部屋は全面鏡張りの部屋に光のすだれがかかっており、

音楽に合わせて色が変わったり、光が流れたりします。

奥には大きい部屋がありました。

暗くなると星空みたい♪

暗い通路を通って第2の部屋へ。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング(鯉の池のアート)

2つ目の部屋は水に入って見るアート。

膝ぐらいまでの深さの池の中に入っていき、

その池の中には色とりどりの鯉が泳いでました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF6588-779x520.jpg

この鯉ただの映像ではなく、人がいるところを避けて泳いだり、逆に集まってきたりといろんな動きをするのでずっと見てられました。

最後は水面に光の線が泳ぎ始めます。

ずっと暗かったが空間が一気に明るくなり、

幻想的な空間へ。

つながってる部屋には3D の映像が水面に映ってるのが見れました。

意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 自由浮遊、平面化する3色と曖昧な9色(バルーンのアート)

続いての部屋は巨大バルーンの部屋。

この部屋は道はなくってただバルーンが置いてあるだけでバルーンの間をかき分けて前へ進みます。

下が鏡になってるから上も下もバルーンの世界。

色もどんどん変わっていっておもしろい空間でした。

道ないからどっちに進めばいいか分からなくて出口に行くのが大変でした。

Floating in the Falling Universe of Flowers(四季の花のアート)

最後は球体に花が映し出されるアート。

床が鏡になってるから球体の中にいるみたい♪

きれいすぎる!!!

映像には細かい花だけでもなく、大きな花も流れてきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF6639-779x520.jpg

全面ひまわりに。

唯一無二の不思議な空間で同じ瞬間は1度もなく、見てて楽しいし、ずっとでも見ていたいです。

映像は早く流れていくのでシャッター速度遅くするとまた違う世界になりました。

これでチームラボプラネッツの展示は終了!

プロジェクションマッピングみたいな感じかなと思って行ったらそれを超えるもので全く新しい体験するアートで楽しすぎでした。

水に入るながら見るアートなんて新しすぎる!

他のチームラボのアートも見に行ってみたいです。

チームラボプラネッツのお勧めな服装

チームラボプラネッツは裸足でまわり、水の中を歩くアトラクションなので服装が重要です。

膝ぐらいまでの水深の水の中を歩くのでズボンだったらきつすぎずしっかり膝上までめくれるもの、スカートやワンピースなら短いものか長くてもゴムとかでスカートの長さを調整できるものがお勧めです。

チームラボプラネッツの基本情報・アクセス

公式サイト
アクセス:ゆりかもめ「新豊洲駅」より徒歩1分
営業時間:10時00分~19時00分(平日)、9時00分~20時00分(土日祝)
住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6丁目1−16

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる