MENU

【奈良旅行】大仏とアジサイが一緒に見れる!壷阪寺

奈良の壷阪寺を紹介します。

壷阪寺は703年に創建された眼病封じの寺です。

ネコが出迎えてくれます。

敷地は広く、階段も多いので歩きやすい格好で行くのがお勧めです。

1番の見どころが天竺渡来 大釈迦如来石像。

世界中で起こった暴力や中傷などによって痛んだ心を癒やすため建立されました。

大仏の前には千手観音。

隣には手水舎があります。

同じ階層には二重の塔の多宝塔や

道場である灌頂堂があります。

縁側にはかわいい石像。

天竺渡来十一面観音石像は靴を脱いでお参りします。

三重塔は1497年に創建され、国指定重要文化財です。

前には本尊を礼拝するために建てられた禮堂があります。

つつじに囲まれているのが魔除け橋。

魔除け鬼たちがいっぱいいます。

ここではアジサイの時期限定の切り絵の御朱印をいただきました。

壷阪寺で有名なのが桜に囲まれる大仏。

大仏周囲の木は桜の木で春には桜に囲まれた大仏を撮ることができます。

6月はアジサイのイベントがあり、

大仏はアジサイに囲まれていました。

展望台のような場所からは全体が見渡せました。

駐車場は500円です。

住所:奈良県高市郡高取町壷阪3番地
電話番号:0744-52-2016
入園料:大人 600円、小人 100円
駐車場:500円
営業時間:8時30分~17時00分

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる