MENU

【高知ホテル】四万十の宿 ブログ宿泊記(部屋・アメニティ・温泉・夕食・朝食など)

高知の南西部四万十にある四万十の宿に泊ってきました。

四万十の宿は四万十川と太平洋に囲まれた場所にあります。

前には蟹も歩いてました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF9368-779x520.jpg

ロビーは広く、お土産屋さんもあります。

目次

四万十の宿の部屋

四万十の宿の宿泊棟はロビー棟の隣にあります。

2階建ての建物で中が庭になっています。

部屋の階数は予約するときに選べ、1階の部屋にしました。

泊ったのはツインルーム。

シングルベッドが2つ並んでいます。

窓際にはソファと小さなテーブル。

和モダンな部屋で靴を脱いであがります。

ベッドの前にはテレビと冷蔵庫。

緑茶のティーパックとゆず茶、合わせ焼き、

ミネラルウォーターと珈琲があります。

パジャマは浴衣です。

四万十の宿の洗面所・アメニティ・浴室

洗面所・浴室はユニットバスタイプ。

アメニティは歯ブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、ブラシ、コットン、綿棒です。

ドライヤーは備え付きタイプ。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープもあります。

バラの香りのクレンジング、洗顔料、化粧水、乳液も付いています。

四万十の宿の温泉

四万十の宿には温泉もあります。

内風呂は2つで1つには薬草が入ってます。

外風呂は緑がいっぱい見えます。

サウナもあって、

テレビもあり、長く入るのも苦になりません。

四万十の宿の館内

ロビー棟と宿泊棟の間にはライブラリーがあります。

前にはバーも。

屋上は夕日スポットで

きれいな夕焼けが見えました。

反対側にはホテルが見えます。

四万十の宿の夕食

夕食は山川海へ。

和食のコースで海鮮多めでした。

食前酒は仏手柑酒。

まずは先付。

カツオは柔らかくて味濃いめ。

お造りは3種類。

鯖の棒寿司まであります。

メインは四万十牛と野菜の陶板焼き。

青佐のてんぷらとヒラスの幽庵焼き。

お吸い物にはかわいい魚も浮かんでいます。

デザートはモンブランとフルーツです。

四万十の宿の朝食

朝食は和食。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSCF9448-779x520.jpg

ごはんのお供のおかずがいっぱい!

メインはサバと蒲鉾です。

卵かけご飯もあり、卵かけご飯専用の鰹節や醤油もありました。

オートキャンプ場とまろっと

四万十の宿の敷地は広く、敷地内にキャンプ場や絶景スポットがあります。

隣にはオートキャンプ場とまろっと。

キャンプ場からは海も見えて南国みたい。

ちなみに四万十の宿にはコインランドリーがなく、とまろっとにありました。

サンサンパーク

サンサンパークには大きなモニュメント。

夜は満天の星空が見えます。

星空がこんなに見えるってことはサンサンパークは真っ暗でライトないと何も見えなかったです。

満月で月の出が見えました。

山越しに光る月もきれいです。

夕陽・朝日展望台

夕陽・朝日展望台は朝日と夕日がきれいに見れる展望台です。

夜は港町と星空が見えました。

星空観測広場

星空観測広場は地面に星座が描かれています。

その名の通り星空も見えます。

わんぱく広場

わんぱく広場は遊具がある場所で天の川も見えます。

四万十川

四万十の宿に行く途中には四万十川があります。

四万十川は広く、

周りは自然にあふれていました。

四万十の宿の駐車場

駐車場はホテルの前にあり、無料です。

施設内は各場所に駐車場があり、1つ1つの場所がちょっと離れてて夜だと真っ暗なので車での移動がお勧めです。

まとめ

四万十の宿は食事もおいしく、温泉もあってゆっくりできました。

スタッフさんもとても親切でカメラ持ってうろうろしていたら敷地内のことを教えてくれてとても親切でした。

敷地が広く、周りに何もないのでどこに行っても星空がきれいでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる