MENU

パリの日本人シェフのフレンチレストラン「Restaurant Le 703」

パリのレストラン「Restaurant Le 703」を紹介します。

Restaurant Le 703は宇都宮にもお店があり、Naomi OGAKIというお店です。

シェフもスタッフさんも皆日本人で日本にいるみたいでした。

まずは、牛肉のコンソメのスープ。

パンがふわふわしています。

前菜はブルゴーニュ風エスカルゴ。

弾力があり、ソースをパンにつけると絶品です。

パテアンクルートは肉のテリーヌなどをパイ生地で包んだフランスの伝統料理です。

メインは3種類あります。

ブーダンノワールは豚の血が入ったソーセージです。

見た目すごいですが、クセが少なく、塩分強めな感じでした。

シュークルートはアルザス地方の家庭料理でザワークラウトと同じもので地域により呼び方が違うそうです。

鱈のムニエルは魚柔らかいし、ソースがおいしすぎでした。

デザートはピスタチオのクレームブリュレ。

ピスタチオ味が濃厚でラズベリージェラートと良く合います。

日本人のシェフだからか大味じゃなくどれも繊細な味で日本人好みでおいしかったです。

いつか宇都宮のお店も行ってみたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次