MENU

【世界遺産】十円硬貨の表面にも描かれている宇治の「平等院」

宇治と言ったら平等院!


平等院は世界遺産で1052年に藤原道長の別荘を息子の藤原頼通が寺に改めてできた場所です。


平等院の見どころは鳳凰堂。


左右対称の建物が美しく、水に映るのが有名だけど池が緑で映りませんでした。


10円玉の表に描かれていることでも有名です。


周りにはもみじがあり、紅葉の時期にも来て見たいな。


朱色の建物がきれいすぎていつまでも見ていたいです。


鳳凰堂の中には入ることができ、国宝の阿弥陀如来坐像などを見ることができます。


横から見てもまたきれいです。


御朱印は字もスタンプも豪華でした。


鳳凰堂を見終わったらミュージアム鳳翔館へ。

鳳翔館には国宝や重要文化財の鐘や像が飾られていました。

梵鐘(ぼんしょう)と伊なの鐘が彫刻が細かくてすごかったです。


最後に金を見て平等院は終了。


鳳凰堂みたいに大きな建造物って京都の中心部や狭い所だとあまり見ないから迫力あってすごかったです。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる