MENU

世界遺産!釣燈籠がい美しい奈良公園の春日大社

奈良公園にある春日大社に行ってきました。


行くまでの道にも鹿がいっぱい。

鹿せんべいの周りには鹿がたかっててちょっと怖かったです。

前奈良公園に来た時は鹿に近づくと追われるってイメージあったんだけど鹿せんべい持ってない限り見向きもされなかったです。

木の陰からひょっこり。


参道には約2000基もの石燈籠が並んでて

石燈籠の間から顔出してる鹿もいました。

 
鹿の石像もありました。

それでは世界遺産の春日大社へ。


入口にはブロンズ色のせんとくん。

春日大社は全国に3000社ある春日大社の総本社で768年にできた神社です。

 

ちょうど梅が満開で赤とピンクのコントラストがきれい♪


まずは重要文化財でもある回廊へ。

1000基もの釣燈籠があり圧巻でした。


奥には御蓋山浮雲峰遥排所や

本殿や宝庫がありました。


次に行ったのは重要文化財の藤浪之屋。


中には釣燈籠があり節分とお盆に行われる万燈籠を再現している幻想的な場所がありました。


釣燈籠はいろんな模様があり鹿の模様の釣燈籠がお気に入りです。

大杉は圧倒的な大きさで圧巻!


ちなみに絵馬は鹿で顔が描けるタイプでみんな個性的でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる