MENU

【長崎観光】レトロな洋館・庭園が並ぶ「グラバー園」

グラバー園までの行き方がいまいち分からず、Google Mapの通りに行ったら斜めに進むエレベーターを使うルートで登らずいけて楽でした。


エレベーターを上がると絶景が!!!


長崎の街から


海まで長崎の街が一望できてずっと眺めて行きたかったです。


絶景の先にはグラバー園の第2ゲートがあり、チケットを買い、入園です。


まずは旧三菱第2ドックハウス。


旧三菱第2ドックハウスはグラバー園で1番の高台にあるので眺めがきれいでした。


正面ゲートから入るとエスカレーターで上に登るみたい。


レトロ写真館ではドレスが借りれて写真も撮れるみたい。


旧ウォーカー住宅は明治中期に建てられたロバート・ニール・ウォーカーの次男が暮らしていた住居です。


お気に入りは多角形のバルコニーでバルコニーからは海が見れました。


長崎名物カステラも食べられる自由亭喫茶室は


花に囲まれたかわいい建物でした。


旧リンガー住宅は明治初期に建てられたレデリック・リンガーの住宅で


大きな窓がいくつもあり、開放的でこんな家に住みたいです。


旧リンガー住宅からは造船場が見えました。


森の中にありそうな旧オルト住宅は石造りの住宅で


庭には何種類もの花が咲いています。


春にはバラが咲きほこるみたい。

中は広々とした住宅で


重厚感のある暖炉や


レトロな家具が置いてありました。



離れには厨房も。


窓枠の色合いがかわいすぎる!


旧スチイル記念学校はトーマス・ブレーク・グラバーの歴史を漫画で展示してありました。


グラバー園のメインは旧グラバー住宅なのですが2022年3月まで工事中なので見れませんでした。

旧グラバー住宅がある場所からも眺めがきれいでした。


これでグラバー園は終了。


7月だと花が少なかったのでチューリップが咲いてる春に来る方が正解かな?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる